条件を確認してから転職しよう|経理の経験があるなら有利

初心者も出来る電話の業務

婦人

会話力がカギ

求人誌や求人サイトを見るとコールセンターの仕事を見かける事も多く、各企業コールセンター業務に力を入れる様になりました。そのため、非常に多くのオペレーターを募集するケースが増え、未経験者や初心者でも挑戦出来る仕事として人気を集めています。コールセンターでの仕事の魅力は、服装や髪型が自由である点です。普段のおしゃれを変える必要が無く、お客様を顔を合わせる必要がありません。とにかく求められるのは会話力であり、お客様の要望に迅速に対応出来るかがカギとなります。しかしコールセンターにもいくつか種類があり、問い合わせ対応の仕事なのか、電話営業をする仕事なのかで求められるスキルが変わってきますので、まずは各求人を詳細に確認しておきましょう。

オペレーター業務の違い

コールセンターでの仕事は主にインバウンドやアウトバウンドと呼ばれる業務に分ける事が出来ます。インバウンドとはお客様からかかってきた電話に対応するもので、主に製品や商品に関する質問や、通信販売の受注対応の業務となります。つまりかかってくる電話を待ち、その電話を対応する業務ですので、スピードと正確性が求められるでしょう。そしてアウトバウンドとは、コールセンターからお客様へ電話をする業務をさし、営業活動の一環として商品やサービスの紹介をしたりと、販売スキルやセールストークのスキルが求められます。いかに多くの電話をかけ、いかに多くの受注への結びつけるかが問われますので、この二つの業務は全く異なった業務と考えても良いでしょう。