条件を確認してから転職しよう|経理の経験があるなら有利

建築関係の仕事

設計図

マンションの建設や新興住宅の建設などの仕事では、一級建築士の資格を取得している人を必要としており、需要性も高まっています。一級建築士は、主に机上での仕事となりますが、現場に出て作業をすることもできるのです。建築関係の仕事の中でも求人が多い仕事です。

大都会での働き方

女性

東京のような街には、大都会ならではの住み込みの仕事があります。その代表格ともいえるのが深夜営業の飲食店です。また、学校に通いながら働ける新聞専売所や美容院なども、大学・専門学校等が多い東京ならではの住み込みの職場です。

経験の重要性

電卓を操作する人

仕事の経験は有効

大きな視野で見ると事務という職種は1つです。しかし、事務の仕事は細かく分類することができる上、求められる知識や経験は異なっています。たとえば、経理の場合は企業における資金についての業務全般を担当することになります。ですから、経験者は経理への転職をしやすいという利点があります。転職で経理の人材を募集している企業の求人の多くは経験者という条件を設定しています。新卒や20代までであれば経験は重要視されることはないですが、30代以上になると経験という条件を設定するようになります。求人の中には条件に経験不問としている場合はありますが、経験不問だからといって未経験を希望しているわけではないので、応募の際は求人の条件をきちんと確認することが大切です。

体力的な消耗を抑えられる

若い年齢や新卒で採用する人材は将来性を見て判断します。そのため、採用を決める選考の時点では経験は全く重視されていません。しかし、転職で求人を出す場合は将来性というよりは即戦力かどうかを重要視している企業が多いです。つまり、転職市場では経験者が評価されやすい傾向にあると言えます。経理は特に経験者が評価されやすい傾向にあることから、経験者は有利に転職活動を実施可能です。未経験者にとってはハードな転職活動になりますが、経験さえ積むことができればさらに良い条件の企業へ転職できます。また、事務職なのでデスクワークが多いことから、10年後や20年後と自分が年齢を重ねてからでも体力的な消耗を抑えて取り組める仕事なので需要が高いです。

初心者も出来る電話の業務

婦人

各企業が顧客満足の一環として新たに設置したり、強化するコールセンター業務は、人と話す事を得意とする人であれば、未経験でも仕事へ挑戦が出来ます。長期的に続けられる仕事としても人気を集めていますので、気になる人はまず一度挑戦してみてはいかがでしょうか。